BLOG

セルフプレジャーの勧め

セルフプレジャーに、羞恥心や道徳的な悪を感じる女性は多いと思います。しかし、そのように感じる必要は全くないのです。セルフプレジャーは貴女がどんなことをされるのが好きか、どんなふうに体が反応するかということを知るために欠かせない行為です。自分自身がどういうセックスが好きか分かっていないのに、彼に、私をいかせて、と期待するのはわがままな話です。あるがままの貴女自身を認め、自分を本当に愛してあげるためにも、セルフプレジャーをしてください。貴女がありのままの自分を受け入れたとき、きっと彼とも素敵なセックスができるようになります。

セルフプレジャーのヒント

  1. リラックスできる雰囲気作りが大切。ロウソクや音楽、アロマオイルなどを準備しよう。
  2. エッチなビデオや本を見たり、大人のおもちゃを使ったりして、自分が何にどう感じるのかを知ることも大切。時間をかけてお風呂に入るとかマッサージするとかしてムードを高めよう。
  3. セルフプレジャーの前には深呼吸をしてリラックス。
  4. 愛すべき自分の一部である性器を、鏡でじっくり観察する。
  5. 体をゆっくりなでるところからスタート。いきそうな時には胸で深く息をして、その速度を速めつつ、最後はリラックスしてオーガズムを迎え入れる。自分の呼吸音も興奮度を高める重要な要素。ターンオン運動を同時に行う事もお勧め。
  6. 性器だけでなく、体全体を愛撫して全身で気持ち良くなろう。
  7. いろんな体位を試してみよう。
  8. シャワーはエッチな気分になるための素敵な道具。お湯を性器に当てて、その感覚を楽しもう。
  9. 大人のおもちゃを使って、クリイキ、中イキにチャレンジしよう。
  10. セルフプレジャーで発見したテクニックを彼にも教えてあげよう。

セックス感度を確実に高める方法

女性が自然分晩で赤ちゃんを産む時、赤ちゃんは波のようにうねって出てきます。女性の感じるオーガズムもまた、このように体全体に波打つように押し寄せ、広がってゆくものです。性器部分の筋肉を収縮させる「ターンオン運動」を行うと、貴女のセックス感度をより高めるのに効果大です。

「ターンオン運動」とは恥骨尾骨筋(セックス筋)と呼ばれる、女性の場合は、クリトリスから肛門まで、男性の場合はペニスから肛門までの筋肉を鍛える体操です。セックス筋というのは、おしっこを途中で止める時に使っている筋肉と言えばわかりやすいでしょうか。

女性の場合は、この筋肉を一旦ぎゅっと閉めて力を抜き、そして性器部分を押し出すように力をいれてから、またリラックスさせる。これで1セット。つまり性器部分の収縮とリラックスの繰り返しということ。この運動を毎日100回ほどすることをお勧めします。

日頃からこのセックス筋を鍛えておくと、エッチな気分になれるのはもちろんのこと、より強力なオーガズムを長時間にわたって感じられるようになってくるはずです。男性にとっては射精やインポテンツをコントロールするのに役立ちます。

腰を動かすセルフプレジャー

一般的なセルフプレジャーは、手を動かしてクリトリスを愛撫しますが、それとは正反対に手の方を固定して腰を動かしてクリトリスを刺激します。

腰を動かすというのがミソで、この時に動く腰椎の2番3番の骨は騎乗位の時、女性が腰を前後左右に振ると動く部分と同じで、動かせば動かすほどに、どんどん新たな性エネルギーを造成してくれるのです。性エネルギーの増大によって刺激を快感に転換する性感脳が活性化し、感じやすい体質に変化して行くというわけです。

実際に行う場合のポイントは、スローセックスを楽しむメソッド同様にイクことにこだわらず、ゆったりと時間をかけて淡い快感を味わい尽くすこと。そして少し顎を上げて鼻で、大きく息を吸って、口から息をはく時に「ア~ン」と喘ぎ声を意識的に出してみてください。気持ち良いセックスと同じ状態を再現することで、性感脳が活性化するのです。

大人のおもちゃを使ってみる

映画『ヒステリア』(日本公開2013年)は、「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーターが19世紀末に女性のヒステリーを治療するために発明された医療器具だったという実話をベースに、1人の青年医師の発明と恋愛をめぐる珍騒動を描いたものです。当時のヨーロッパでは、女性がイライラしたり、落ち込んだり、倦怠感を覚えたり……いまでいう〈不定愁訴〉はすべて子宮に原因があると考えられ、〈ヒステリー〉と呼ばれました。ギリシャ語で子宮を意味する語〈ヒステラ〉からきています。「女がいつもツマラナイことで悩んでいるのは、子宮のせいだ!」と決めつけられていたのです。

それに対する治療法とは、性器をマッサージして子宮をなだめること。イライラしたら婦人科で医者にアソコを刺激してもらえばいい、それでイケれば、気分もスッキリ……なんてことが大真面目に行われていた時代だったのです。性器へのマッサージは性欲解消ではなく、ヒステリーに対する応急処置でした。その担い手は、医師や産婆でした。

そして、ヒステリー症状を緩和するためにはオーガズムを引き起こす必要があったわけですが、クリトリスをちょっと触ったからといって、また膣内に指を適当に挿入したからといって簡単にイケるわけではないことは、よくご存知のはず。映画の主人公でもあるモーティマー・グランビル医師は、次から次へと来院してくる女性へのマッサージでついに腱鞘炎になり、それでも毎日列をなして通院してくるご婦人方のために、最新の技術を活かして電動女性マッサージ器を製作したというのが、ヨーロッパにおけるバイブ誕生の秘話です。

このように、電動バイブレーターの歴史は、女性のヒステリー・倦怠感抑うつ症状等の治療目的のため、性器マッサージ治療の一環として使われてきたものなのです。感じやすくしてくれる電動バイブレーターを使うことはとても良いこと。はしたないと感じる必要はありません。セルフプレジャーの時にも使ってみましょう。

バイブレータ―の種類は、主にローター、バイブ、電マに分かれます。

ローター

バイブレーターの中で、もっとも安価で購入できるのがローターです。細かく優しい振動を与えてくれるため、時間をかけてクリイキしたい方におすすめになります。

ただしクリトリスを刺激するのには特化していますが、膣内を刺激するには「機能が振動のみ」という単調さゆえおすすめできません。

クリトリスのみを刺激するのか、膣内を同時に刺激するのかでも違いますし、振動のさせ方もスイッチ・無線・アプリ経由など多種多様です。

「振動しながら吸引する」ウーマナイザーのような派生タイプも登場しています。

【バイブや電マとは違うローターの特徴】
■数百円で買えるものが多くバイブや電マより安い
■振動力は電マより弱い
■小さいのでバイブや電マより保管が簡単
■基本的に刺激できる場所はクリトリスのみ
■大きさや機能的にも膣内を刺激するのは向かない

バイブ

膣内を刺激するのに特化したバイブレータ―です。多くはペニスをまねた形状をしており、太さや長さなど多くの選択肢があります。

値段はローターの数倍以上と張りますが、中イキを練習したい方・潮吹きを体験してみたい方におすすめです。

ただクリバイブでクリ刺激できるバイブはありますが、クリイキだけを目的にするならローターや電マの方が向いています。

膣内に挿入するものだけに、その種類・機能・サイズは数えきれないほど存在します。最近ではVRと連動する高性能なものも多くなってきました。ローションを内臓することで射精感が味わえたり、声に連動して動いたりなど、高性能なバイブもたくさんあります。

【ローターや電マとは違うバイブの特徴】
■クリトリスより膣内刺激に特化している
■Gスポット用、ポルチオ用など形状の種類が多い
■膣内性感帯の感度が上げられる
■ローターや電マより素材にこだわられている
■アナル専用のものがある
■万単位するものもある

【正規品】Orla 吸引バイブ 電マ デンマ マッサージャー 10種振動モード+10種吸引モード 強力 バイブ 吸うやつ ハンディマッサージャー でんま コードレス 全身対応 マッサージ 女性 安心素材 完全防水 静音 ローター バイブレータ usb充電 ヴァイブ 操作簡単 日本語説明書

電マ

バイブレータ―の中で最強の振動力を誇るのが電マです。ローターの超強力バージョンだと思えばわかりやすいでしょうか。本来は肩こりなどのマッサージ用なので、購入や所有に恥じらいを感じることはないのですが、強力な振動が発生するため、大人のおもちゃとして使用の際は振動を弱めて使用する必要があります。

抗えない快感で強制的にイカされてみたい方・ローターの振動力では物足りなくなった方におすすめです。

電マはローターやバイブとは違い、形状も機能もシンプルです。選択肢としてはそこまで多くありません。素材も硬いものがほとんどなので、アダルトグッズ初心者はローターから始めると良いでしょう。

【ローターやバイブとは違う電マの特徴】
■振動力の強さが最強
■本体サイズはバイブより大きいものが多い
■アプリ連動など高性能なものはない
■ヘッドに装着できるアタッチメントがある
■素材にこだわったものがほとんどなく硬い

 

ローター・バイブ・電マの大きな違いは、刺激の仕方からくる快感の差です。

  • ローター:繊細な振動でクリイキ
  • バイブ:多彩な動きで中イキ
  • 電マ:強力な振動でクリイキ

「バイブ一本型のローター」や「クリバイブ搭載型のバイブ」を買えば、膣内とクリの同時責めができます。電マは別売りのアタッチメントを買うことで、同時責めができます

目的によって選ぶべきバイブレータ―は変わります。今回ご紹介した情報を参考にして、自分の目的と性癖にぴったりのバイブレータ―を購入してみてください。

大人のおもちゃを効果的に使うヒント

  1. 呼吸をリラックスさせ、5~6回深呼吸をする。リラックスするためにも素敵なオーガズムを感じるためにも、呼吸はとても大切。
  2. 吸うときは、会陰から背筋を通って、脳に性エネルギーが上がり、吐くときは、脳から身体の全面を通って、会陰に性エネルギーが下りるイメージで。
  3. バイブレータ―を性感帯周辺から初めて、徐々に性器部分へと進める。柔らかい振動が好みなら、バイブレーターの下に手を当てる、あるいはタオルを置くなどして使ってもいい。
  4. バイブレータ―を使うと、体中の性エネルギーが高まる。骨盤を動かしたり、性器部分でバイブレータ―を前後に動かしたりしてみよう。ターンオン運動を加えると、より効果的。
  5. 仰向けに限らず、いろんな体位を試すと、またそれぞれ違った感覚を楽しめる。
  6. 慣れてきたら、シリコンタイプのディルドを挿入しながら、ローターや電マをクリに当てるなど、同時責めしてみるのもグッド。

バウンサー
バウンサー

大人のおもちゃを使うときに注意しておくこと

パートナーとのセックスで、バイブレーターを使わないとオーガズムを感じられなくなったという話を聞いたことがあります。夫や恋人とのセックスには満足しているが、それでもバイブレーターを使わないとオーガズムに達することができない、何らかの原因でクリトリスの神経を傷つけてしまった可能性はないのだろうか?と。

多くの女性が、セックスではオーガズムを得られないと言います。それは、女性器の構造に起因するのです。ほとんどの女性はクリトリスが膣の近くにないため、性交ではオーガズムを感じるほどクリトリスが刺激されないのです。ですから、ほとんどの女性(80%以上)は、性交中にオーガズムを得るために、さらにクリトリスへの刺激が必要なのです。

バイブレーターは神経を傷つけませんが、オーガズムに達するまでの時間に対する認識を変えてしまいます。ほとんどの女性は、オーガズムを得るために、手や口による直接的で一貫した刺激を10~20分必要とします。もっと長い人もいれば、短い人もいますが、これが平均的です。バイブレーターを使用すると、数分でオーガズムを得ることができます。そのため、オーガズムを感じるほど興奮するのにかかる時間が短いことに慣れてしまうのです。これは悪いことではありませんが、注意しなければならないことです。

ですので、バイブレータがないとオーガズムに達するまでに時間がかかることは意識しておく必要があるでしょう。バイブレーターを使うことは悪いことではありません。それによって、オーガズムを得ることができるのであれば、オーガズムを楽しむことができますし、オーガズムに至るプロセス全体をより深く知ることができるからです。

大切なのは、セルフプレジャーやパートナーとのセックスにバイブレーターを取り入れることで、自分に合ったやり方を見つけ、学んだことをセックスライフに取り入れて、最大限の悦びを得られるようにすることです。

パートナーとのセックスにしか興味がなかったとしても・・

セルフプレジャーの重要性がよくわからない、パートナーとのセックスにしか興味がないという方がいます。

しかし、統計的に言っても、自分の身体をよく理解し、性的興奮を高める方法を知っている方が、セクシャルな幸福度は高いと言えます。自分自身を興奮させる方法を知っていれば、より良いセックスのパートナーになれるということです。

自分を喜ばせるためのさまざまな視点やテクニックを探してみましょう。また、バイブレーターで遊ぶことも検討してみてください。なぜバイブレーターを勧めるかというと、手では難しいバイブレーターの一定の刺激で、オーガズムのサイクル=オーガズムに至るプロセス全体をより深く知ることができるからです。

自分にとってのオーガズムがどのように起こるのかをより身近に感じることができます。そして、この知識をパートナーとのセックスの時に使うことができます。自分がどのように触られたり刺激されたりするのが好きなのか、どのような刺激を与えるとオーガズムに達するのか、オーガズムに達するまでにどのくらい時間がかかるのかをパートナーに伝えることができます。

セルフプレジャーは、自分のセクシュアリティと、自分にとっての快楽がどのように作用するかを新たに理解するきっかけになります。人生で一番大切な貴女との関係を深める方法です。それは重要なことです。健康的で自己愛の美しい形なのです。